サステナビリティ

私たち三菱ロジスネクストグループは「世界のあらゆる物流シーンで、お客様にソリューションを提供し続け、未来創りに貢献する」との企業理念の下、サステナビリティを強く意識した経営をこれまで進めてきました。これからも事業活動を通じてSDGsの達成に貢献していきます。

※SDGsとは、持続可能な開発目標を意味し、誰ひとり取り残されない世界の実現の為に、2015年に国連によって採択された、2016年~2030年の間に達成すべき全世界共通の17の目標です。

SDGsに対する基本方針

当社は、世界の物流シーンを支える総合物流機器メーカーとして、国連が提唱する「SDGs」に賛同し、事業活動を通じて社会的課題の解決を図り、地球・社会の持続的発展と未来創りに貢献します。

① 地球環境の保全

グローバルな視点で地球環境の保全に努めます。

② 地域社会の発展

ステークホルダーと良好な関係を構築し、事業活動を通じて社会的課題の解決を図り、地域社会の継続的な発展に貢献します。

③ 人材の育成

従業員一人ひとりの人権、個性、創造性を尊重し、働きがいのある職場環境の提供と個人の成長を支援し、グローバル社会を支える人材を育成します。

④ コーポレート・ガバナンスの強化

誠実かつ公正な事業活動を遂行し、企業としての社会的責任を果たすため、実効性のあるコーポレート・ガバナンス体制を確立します。

SDGsレポートの発行

当社のSDGs達成に向けた取り組みをあらゆるステークホルダーの皆様にご理解いただくことを目的に発行しています。

品質

品質方針

  1. お客様に安心、安全な商品とサービスを提供し、顧客満足の向上に努める
  2. 不適合の未然防止に努め、発生時には迅速かつ確実な対応を行う
  3. 全ての社員が品質意識を高め、各部門連携の下、最良の品質を作り上げる
  4. 品質マネジメントシステムの継続的改善を推進する

環境

環境方針

グローバルな視点で地球環境の保全に努め、地域社会の継続的な発展に貢献します。

2040年カーボンニュートラルに向けて

カーボンニュートラル社会の実現は地球規模の課題です。当社にとっても地球環境の維持は取り組むべき最優先の課題です。脱炭素分野での実績を誇る三菱重工グループの一員として、気候変動対策をリードしていくことが当社のミッションであると考えています。当社は三菱重工グループの2040年カーボンニュートラル実現に向けて事業や製品・サービスの脱炭素化・電化・知能化を実現、提供していきます。

CO2排出量の削減目標

目標年 三菱ロジスネクストの事業活動に伴うCO2排出量削減
2030年 ▲ 40%(対2017年度)
2040年 Net Zero

環境レポート

過去に発行した環境レポートをPDFでご覧いただけます。環境レポートは2021年度発行分から、SDGsレポートに内容を統合しました。

バックナンバー
2020年版(PDF:6,133KB)
2019年版(PDF : 3,594 KB)
2018年版(PDF : 4,314 KB)

製品への環境対策とグリーン調達
※旧ニチユ三菱フォークリフト発行

グリーン調達ガイドライン 日本語版(PDF:322 KB) 英語版(PDF:355 KB)
製品含有化学物質管理対応ガイドライン 日本語版(PDF:182 KB) 英語版(PDF:257 KB)